Our site uses cookies and other technologies to give you the best possible experience. By using this site you are consenting to their use and accept our policies. Learn more...
English | 日本語

会社紹介

概要

株式会社日本国際放送(略称:JIB)は2008年4月に日本放送協会(NHK) の子会社として設立されました。

配信業務

当社は以下2つの国際放送サービスの配信業務を行っております。

NHK WORLD/jibtv

すべて英語による放送で、NHKのニュースや生活・文化・情報番組などとともに、JIB独自の番組を1日24時間休まず放送しています。

NHKワールドプレミアム

日本語による放送で、NHKのニュース、情報番組、ドラマ、文化・芸能、子供向け番組などを、休まず放送しています。

番組制作業務

当社独自番組の制作、NHKとの共同制作、国内民放各局や制作会社で番組制作業務を行っています。

番組に関して

NHK WORLD/jibtv は日本やアジアの情報を英語で世界に向けて放送しています。

毎時間のニュース番組

NHK WORLDの「NEWSLINE」は毎正時から最新のニュースを放送。 時間は基本的に30分間の放送ですが、日本時間の深夜帯や週末はそれより短い場合もあります。主に日本とアジアの情報を伝えています。

生活・文化・情報番組

日本・アジアに関する情報が中心です。ビジネス、テクノロジー、ファッション、エンターテイメントと生活、文化など内容は多彩です。

スケジュール

世界中、どの時間帯でも番組を楽しんでいただけるよう、ニュース番組を除き、6時間をひとつの単位として1日4回の繰り返し放送をしています。

配信に関して

NHKワールド/jibtv は2018年10月末付けで、約160の国や地域にて約2億5214万世帯での視聴が可能です。視聴可能世帯数は設立当初から飛躍的に伸びており、今後も拡大に努めます。

衛星放送

NHK WORLD/jibtv はより多くの視聴者に放送が行き届くよう、 大型のアンテナが必要なCバンドによる衛星放送に加え、小型アンテナでも視聴できるKuバンドでも配信もしています。 また地上波での放送や世界中のケーブル放送によっても受信が可能です。
チャンネルは標準画質(SD)と高画質(HD)での視聴が可能です。

*インターネット

インターネットのブロードバンド化を受けて、当社もインターネットによる視聴サービスの拡充に努めております。 現在、JIB独自番組の一部をオンデマンドで提供しています。

事業内容

  • テレビ国際放送向け番組の企画・制作
  • 衛星放送を使用したテレビ国際放送
  • インターネットを活用した海外向けテレビ国際放送の送信
  • 配信ルートの整備
  • その他 テレビ国際放送に付随する業務
名称
株式会社日本国際放送(略称:JIB)
Japan International Broadcasting Inc.
代表者
城本 勝
会社所在地
〒150-0041
東京都渋谷区神南1丁目19番4号 日本生命渋谷アネックスビル
電話
03-3464-8911
FAX
03-3464-8950
設立年月日
2008年4月4日
資本金
3億9000万円
役員一覧
  • 城 本  勝
    代表取締役社長
  • 隈 井 秀 明
    専務取締役
  • 赤 津 有 一
    常務取締役
  • 今 村 啓 一
    取締役(非常勤)
  • 福 田  純
    取締役(非常勤)
  • 柳 田 昌 賢
    取締役(非常勤)
  • 久 保 智 司
    取締役(非常勤)
  • 梶 原  浩
    取締役(非常勤)
  • 清 水 賢 治
    取締役(非常勤)
  • 石 本 尚 史
    取締役(非常勤)
  • 池 上  聡
    取締役(非常勤)
  • 太 田 周 二
    監査役
  • 海 野 正 一
    監査役(非常勤)
社員
81名 (2018年3月)
株主
  • 日本放送協会
  • 株式会社NHKグローバルメディアサービス
  • 株式会社NHKエンタープライズ
  • 丸紅株式会社
  • 伊藤忠商事株式会社
  • 住友商事株式会社
  • 日本テレビ放送網株式会社
  • 株式会社東京放送ホールディングス
  • 株式会社フジ・メディア・ホールディングス
  • 株式会社テレビ朝日ホールディングス
  • 日本マイクロソフト株式会社
  • エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
  • 株式会社みずほ銀行
  • 株式会社大和証券グループ本社
  • 株式会社共同テレビジョン
事業内容
  • テレビ国際放送向け番組の企画・制作
  • 衛星放送を使用したテレビ国際放送
  • インターネットを活用した海外向けテレビ国際放送の送信
  • 配信ルートの整備
     (NHK WORLD/jibtv、NHK WORLD PREMIUM)
  • その他 テレビ国際放送に付随する業務
決算状況
2006
1月 総務大臣の懇談会「通信・放送の在り方に関する懇談会」において国際放送の強化に関する議論(同年6月 報告書とりまとめ)
3月 外務大臣の諮問機関「海外交流審議会」において「我が国の発信力強化のための施策と体制」に関する議論(2008年2月 国際放送の拡充を答申)
8月 総務大臣より情報通信審議会に「『外国人向けの映像による国際放送』の在り方とその推進方策」について諮問
9月 情報通信審議会の情報通信政策部会に「映像国際放送の在り方に関する検討委員会」を設置
12月 同委員会より「『外国人向けの映像による国際放送』の在り方とその推進方針」について中間とりまとめの報告
2007
5月 同委員会より「『外国人向けの映像による国際放送』の在り方とその推進方針」について最終とりまとめの報告
8月 情報通信審議会より「『外国人向けの映像による国際放送』の在り方とその推進方策」について答申
12月 日本からの情報発信強化を含む「放送法改正案」が成立
2008
4月 改正放送法に基づき、(株)日本国際放送設立(NHK全額出資:資本金5千万円)
8月 NHKへ割当増資実施(増資後資本金2億円)
9月 代表取締役社長に髙島肇久が就任
10月 民間企業13社、NHK関連団体2社への第三者割当増資実行(増資後資本金3億9千万円)
2009
2月 JIB独自番組の放送開始。
在京民放5社の協力を得てALL JAPANで世界に発信する 開局特集番組 「Japan in the first person」 を放送
ホームページjibtv.comでは同時ストリーミングを開始
3月 24時間視聴可能世帯数1億1004万世帯
2010
3月 24時間視聴可能世帯数 およそ120の国と地域で1億2537万世帯
4月 NHKワールド プレミアム業務を受託
2011
3月 24時間視聴可能世帯数 およそ120の国と地域で1億3655万世帯
6月 代表取締役社長に川上淳が就任
7月 中国の人気公共サイト『人民網』へコンテンツ提供を開始
2012
2月 総務省第3次補正予算事業参画、震災復興シリーズFORWARD(全42本)の放送開始。
一部に中国語・アラビア語・スペイン語字幕をつけ多言語化を図る
3月 24時間視聴可能世帯数 およそ130の国と地域で1億5405万世帯
4月 ホームページ jibtv.com で VODを開始
2013
3月 24時間視聴可能世帯数 およそ140の国と地域で1億5972万世帯
6月 代表取締役社長に冷水仁彦が就任
2014
2月 スカパーJSATのインドネシア向け有料衛星チャンネル「WAKUWAKU JAPAN」において、NHK連続TV小説「あまちゃん」、アニメ「おしりかじり虫」の放送開始
3月
  • ミャンマー「MNTV(ミャンマーナショナルTV)」の有料衛星放送(全国)と無料地上波放送(一部)でNHKの連続TV小説「カーネーション」の放送開始
  • 24時間視聴可能世帯数 およそ140の国と地域で1億9142万世帯
4月 ミャンマー「MNTV」の有料衛星放送(全国)と無料地上波放送(一部)でNHKの大河ドラマ「篤姫」の放送開始
2015
3月 24時間視聴可能世帯数 およそ150の国と地域で1億9977万世帯
4月 ミャンマー「MNTV」の有料衛星放送(全国)と無料地上波放送(一部)でNHKの大河ドラマ「龍馬伝」の放送開始
2016
3月 24時間視聴可能世帯数 およそ150の国と地域で2億904万世帯
4月 ミャンマー「MNTV」の有料衛星放送(全国)と無料地上波放送(一部)でNHKの大河ドラマ「八重の桜」の放送開始
2017
3月 24時間視聴可能世帯数 およそ160の国と地域で2億2688万世帯
4月 ミャンマー「MNTV」の有料衛星放送(全国)と無料地上波放送(一部)でNHKの大河ドラマ「真田丸」の放送開始
2018
3月 24時間視聴可能世帯数 およそ160の国と地域で2億3,536万世帯
6月 代表取締役社長に城本勝が就任

Our Series

Washoku World Challenge The series will follow the regional qualifying tournaments and the final tournament of the sixth “Washoku World Challenge,” a cooking contest in which non-Japanese Washoku chefs from throughout Europe, North America, Asia and Japan will pit their skills against one another, as they strive in earnest to inherit, pass on and cultivate their Washoku cooking skills.
Catch Japan This series features various aspects of Japan's culture, tradition and technological innovation, casting a spotlight on Japanese ingenuity and uniqueness demonstrated in a wide range of fields.
A documentary series that features remarkable industries in Japan. The program introduces the history and wisdom behind Japan’s technological strength and specialties, which are helping to revitalize regional areas of the country.
The Next 100 Years Iconic Japanese company Panasonic is celebrating 100 years in business.What is this leading Japanese enterprise doing to ensure the company thrives for the next 100 years? One key strategy is to take a fresh look at the potential of the people who form the backbone of the company and another key challenge is to create new value.
Future Highway Express As globalization rapidly accelerates, truck logistics routes that connect various countries are playing a key role in supporting each national economy. These are the Future Highways that are creating the path into the future. Seen through the eyes of the truck drivers, this two-part series program depicts the landscapes and places of interest in each region.
ASEAN Now and the Future -Connectivity and Economic Corridors- 2017 is ASEAN’s 50th anniversary. This series was produced as a joint project to commemorate the anniversary with the TV stations of four ASEAN countries,Cambodia, Laos, Myanmar and Vietnam – by examining their cooperative relations with Japan and the impact of the East-West and Southern Economic Corridors on the economies and ways of life of the Indochina Peninsula.
The Road to Recovery The coastal areas of Japan’s Tohoku Region suffered unprecedented damage in the Great East Japan Earthquake.This series shines a spotlight on the efforts of people from Iwate Prefecture, Miyagi Prefecture and Fukushima Prefecture, who are now working hard toward achieving “Recovery of Industry,” “Recovery of Tourism” and “Food Safety & Peace of Mind.” What are the underpinnings of their ongoing hope?
Check Other Series